前へ
次へ

保育士は国家資格として働くことになる

保育士の資格は国家資格ということになりますのでこれじゃないと保育士として働くことができないということになりますが、実は保育士という肩書きで働くのは無理としても資格はない人でも保育園で働くということ自体は問題なかったりします。
自動的に子どもを育てることに関して難しいと思われてきてしまっている部分で保育園不足というのがあります。
保育園自体は沢山あったりするのですが人が少なくて受け入れることができる人数が少なくなってきているという部分もあるのです。
それは保育士が少ないということでもあるのですが実際問題保育園で働いている保育士の数が少ないですが資格保有者という点においては実はかなり十分に存在していたりします。
ですから、何かしら事業として立てやすかったり継続しやすいようになっているのであれば実はそこそこ期待出来るような状況ではあります。
しかし、やはり保育士単体の待遇面での問題があるといえるでしょう。

Page Top