前へ
次へ

保育士に転職して子供と楽しく過ごそう

現在の日本では保育園はたくさんありますが、慢性的な保育士の不足により待機児童が増えていたりと子育てに課題が多いです。
保育士の資格は大学などで指定の科目を履修し卒業するか、試験を受ければ取ることができます。
仕事内容は子供と一緒に遊んだり学ばせたりすることで、子供の安全を確保しつつ能力を高めたり集団生活を学ばせるため、規律を教えるなどさまざまなスキルが必要になります。
一般のサラリーマンから転職して保育士になった私の友人は、サラリーマンの頃よりもお給料は安くなったけれどやり甲斐があって楽しいと言っていました。
これは彼がもともと保育士を目指しながら、待遇があまりよくない保育園を渡り歩いたからでしょう。
彼はそれで満足できずに一度サラリーマンになり、国や自治体が保育士の仕事に関して手厚い保障をしてくれるようになってから再び保育士の仕事を始めました。
彼のようにスキルや理想を持ちながら、収入がネックになっていた人は多いです。
今後はさらに保育士の待遇は良くなるでしょう。

Page Top