前へ
次へ

保育士の資格を持っている人たちは多い

保育士というのは当然ですが保育園で働く人たちのことであり、国家資格を保有している人たちということでもあります。
全国的に保育園不足とか幼稚園不足というのが言われているわけですが実際問題として保育園で働くことができる保育士というのは資格がなければできないわけですからそういうのが問題なのかという考えをしてしまう人もいます。
しかし、実際にはそうではなく、資格保有者という点においては保育士はかなり足りている状況ではあるのです。
ではどうしてそのようなことになっているのかといいますと実際に保育士としての資格を持っているのにもかかわらずそれで働いていないという人が多いからです。
それは待遇があまりよろしくないということです。
やりがいというのを感じている人が多いでしょうがありましても保育士の給料でもやっていくことができないということが多いので、保育士の資格を持っているがそれで働くことはない、と言う人が多いわけです。

Page Top